リートを買うにはいくら必要?

金額では、20万円~70万円前後から購入することが可能です。実際の不動産投資では、オフィスビル1棟の物件を購入するだけで、数億円以上の資金が必要となりますし、ワンルームマンションでも一千万円以上の資金が必要にるケースがほとんどです。しかしリートなら、最低20万円程度から不動産投資を始められるのです。

リートを買う場所

各証券取引所で取引されているため、証券会社を通しての購入となります。
普通株と同じく、各証券取引所に上場されているので、全国の証券会社を通して売買が可能です。ネット取引可能な証券会社もありますもできます。 取引の際は、4桁の証券コードで売買が可能。

買い方は?

基本的に、普通株と同様のルールで売買が行われます。
株式と同様に証券市場に上場し、投資証券(株式でいう株券)が毎日売買されているのです。それゆえ、売買方法も株式と同様となるのです。証券会社に注文を出すと購入となります。税制も基本的には株式と同じとなっています。

不動産投資信託の公募後の価格も、株式と同様で取引所での市場価格(株式でいうところの株価)となるのです。従って株価同様、価格は日々変動し、購入価格よりも、上がることもあれば、下がることもあります。

不動産投資信託は、「証券投資信託」と同じく目論見書に投資対象、用途、複数の対象、用途があれば、その比率が記載されています。また、投資対象地域(首都圏など)も記載されています。特徴をよく把握し、見極めて投資することが重要です。

人気サイト

お得な特典で電力を比較!
エネチョイスでは電力会社150社を比較して一括見積もりすることが可能!あなたに合った電力会社を見つけよう!
http://enechoice.jp/
ソーシャルレンディングが高利回りなワケは?
ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)@比較では、投資初心者が自己資金20万円を使って各サービスで資産運用!各情報を比較しています。
https://crosoc.com/