REIT(リート)とは、不動産投資信託証券のこと

リート投資法人が、多数の投資家から資金を集め、そのお金で不動産を購入し、得られる賃料等の収益を出資比率に応じて配分する仕組みです。

通常の不動産投資との違いは「流動性」にあります。

例えば、不動産投資でビルを購入した場合、何かの理由で、そのビルを売却しなくてはならない状況になった際、不動産投資の場合ですと、買い叩き、手数料等で非常にマイナスの要素が大きいケースがほとんどです。

これに対し、不動産投資信託証券(REIT)の場合、流動性が高いので、ほとんどの場合、証券を売却可能ですし、手数料も実際の不動産投資と比べて安くできます。「不動産投資」というと一般の人にはかなり敷居の高い投資に感じますが、不動産投資信託を経由することにより、手軽に不動産投資が可能という点が魅力となっています。

証券取引所に上場している不動産投資信託もあり、契約型と会社型の二種類があるものの、日本での不動産投資信託はすべて会社型になります。一部の不動産投資信託(REIT)は証券取引所に上場しており、普通の株式と同じように売買することも可能です。

不動産投資信託(REIT)の種類

不動産投資信託には「オフィスビル型」「商業施設型」「住居型」「複合型」などの種類があります。オフィスビル型は収益性は高いですが、景気の影響を大きく受けるという特徴があります。住居型は景気の影響は受けにくいが、収益性は低いという特徴などがありますので、実際に購入する際は、何に投資をしている不動産投資信託(REIT)なのかもしっかりと知っておく必要があります。

人気サイト

国内でおすすめのバイナリーオプション
人気のバイナリーオプションを比較しよう
http://www.binary-cafe.com/
ペット火葬をご検討なら水鈴舎
水鈴舎では訪問ペット火葬を東京・横浜を中心に24時間・365日応対でペットの火葬を真心を込めてお手伝いさせて頂きます。
http://www.suireisha-petceremony.com/
FX投資家・メイの逆張り相場ブログ
専業FXトレーダー・メイのトレード日記ブログ!初心者の入門から逆張りのチャートの読み方まで解説!
http://ilovefx.info/